2020.03.16 / お知らせ

カンタン!おいしい「酵素玄米」の炊き方 <炊飯器編>

酵素玄米とは

玄米に小豆と塩を入れて炊いたご飯を3日間以上寝かせたものを「酵素玄米(寝かせ玄米)」と呼びます。酵素玄米は、‘玄米ご飯=パさパさして食べにくいし、独特の臭いがちょっと…‘という玄米の暗いイメージを吹っ飛ばすぐらい、食べやすくて、とにかく想像以上に美味しいΣ(・ω・ノ)ノ! 数日寝かせることで皮もやわらかくなり、ビタミンやミネラルなど栄養素が消化吸収されやすくなることで、健康面でも美容面でも、数年前から注目👀を集めています。玄米は(野菜も)、皮ごと食べると素材の持つ栄養を丸ごといただけます。それには農薬や化学肥料・除草剤を一切使用していないしんせんのお米が安心!おススメです✨

「酵素玄米」の特徴は

〇バランスの良い、高い栄養素(GABAも増加)。

〇酵素玄米は、70℃前後の温度を一定に保ち保温することで発酵させた発酵食品。味噌などと同じで10日以上経過しても腐ることは無いとされています。

〇赤飯の様なモチモチしっとりの食感と、消化が良く腹持ちもいい。とにかく美味しい!という人が続出です。

〇酵素が豊富な酵素玄米と、玄米の持つ食物繊維が腸にはたらきお通じが良くなります。老廃物が排出されるので、食べ続けて気づくとお腹周りがすっきりしていた..👀いう感想も。

その他にもたくさんの特徴がある酵素玄米。圧力鍋や土鍋などいろいろな炊き方やレシピがありますが、今回は炊飯器で簡単に炊く方法をご紹介します。

酵素玄米の炊き方

準備する物/玄米…4号、小豆…50g、塩…3g、水…適量

⑴炊飯器の中を清潔にしておく(数日間寝かせるため)。

⑵玄米を研ぎ洗いする(玄米は1分搗きなどお好みで)。

⑶小豆もさっと洗い、ボールに⑴の玄米と⑵の小豆と塩を入れて、水を加える。

⑷泡だて器や割りばし数本で、一定方向にゆっくりとかき回す(約7分)。

⑸⑷を炊飯器にあけて炊く。

※雑穀などを入れる場合は、水加減を調整してくださいね。

無農薬 玄米や雑穀米のページへ ←←←click  今なら5000円~1万円未満のお買い上げで送料500円分ポイント還元!!(お買い上げ1万円以上は送料無料デス)

⑹炊きあがったら軽くかき混ぜておく(寝かせている間は1日に1回、雑菌が入らない様に清潔なしゃもじでかき混ぜる方がいいけど、外出などで出来なければそれでも大丈夫)。

といっても真夏など心配ですよね💦酵素玄米はそれ自体より、しゃもじや炊飯器の蓋など周りから雑菌が入り繁殖する場合が多くありますので、特に気温が高くなる夏場は注意しましょう。

あとは、酵素玄米は3日~10日程寝かせるので、家族が多いご家庭では、もう1台、寝かせるための保温ジャーが必要となるかもしれませんね。ちなみに私はジャーを2台使っています🍚1台は家族が好きな分搗き米や白米、味ご飯用、もう1台は酵素玄米を寝かせて(保温)います~。寝かせるためのジャーは、以前使っていた物を活用しています。捨てないでよかった~(*’▽’)

炊き立てでも美味しい玄米ご飯としていただけますが、寝かせると、日に日に色も味にも深みが出てきます。同じ発酵食品である味噌汁と漬物があれば、発酵食品の重ね効果!より効果的に酵素を摂ることができます。私は、酵素玄米を始めてから、不思議とおかずが少なくても(無くても!)満足( ◠‿◠ )食べ応えバッチリです。 それに、なんだか体調が改善されているな..と実感するので、やみつきになってます(笑)

数日寝かせることによって水分がとび、乾燥してしまったら雑炊やチャーハンにしても美味しくいただけます。

圧力鍋でも土鍋でも炊けますので、第2弾でご紹介しますね。