2019.10.24 / お知らせ

原木生しいたけ『もりじまん』 あがりはじめました❢

genboku

しんせん店頭に並ぶと、たちまち売り切れ、いつも好評をいただいている原木しいたけがあります。 名前は『もりじまん』。
収穫はおおよそ春と秋。しんせん直営農場のサンシャインファームでも、そろそろ令和元年「秋のしいたけ」があがりはじめました。栽培に手間がかかりますが、栄養が豊富で味・食感は格別です。

原木しいたけの育て方は?

原木しいたけは自然の森の中にあるしいたけ畑(ほだ場)で原木に菌を打って約1年半~2年かけて育てます。なので原木しいたけは自然栽培です。

原木に適しているのはコナラやクヌギなどの木。樹皮が硬めなので内部に栄養を蓄え乾燥しにくく、菌にとって環境が良いといわれています。
春に菌を打った木は、1年半ほど寝かせて菌がいきわたるよう待ちます。

その間も木の組み方や水分など管理を続けて、手間をかけながら寝かせます。
再び春を迎え夏を越し、秋が始まる頃ようやく椎茸が現れ始めます。

そして収穫❢
原木しいたけが貴重だといわれるのも、深みのある味になるのも、こういう工程があるからです。

ki

その栄養は?

しいたけに適した環境は直射日光があたらない、木漏れ日がさす湿度のある森。
こんな森の中の自然に近い状態で、じっくり、ゆっくり育つ原木しいたけは、スーパーなどで多く見かける菌床しいたけに比べ、栄養価も高く育ちます。

便通をよくする食物繊維
がん予防に良いとされるβグルカン
しいたけ特有の栄養であるエリタデニンは、血液をサラサラにする効果、が期待できます。

販売はいつ?

ここ数日、少しずつあがり始めました。

今はまだ、ご来店時にあればラッキー°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°人気商品につき、売り切れの場合はご容赦くださいませ。

味がしっかりしていて、肉厚&歯ごたえも良いサンシャインファームのしいたけ。色々な調理法で美味しく召し上がってください。