2018.11.21 / 日記

”食”についての映画紹介 

 

eiga.jpg

3本の映画をご紹介

夜の時間が長いこの時季、ときには友人や家族と、ときにはひとりで、映画を観て過ごす方も多いと思います。そこで今回は、他人事ではない大切な”食”についての映画をご紹介します。

食について考えてみる

『未来の食卓』・・・あなたの「おいしい」、危なくありませんか?
5.jpg

出演: バルジャック村のみなさん
監督: ジャン=ポール・ジョー/108分
癌や糖尿病など成人病の原因の70%は食生活を含む環境にあるといわれるヨーロッパ。南フランスの小さな村でこどもの給食と高齢者の宅配給食をオーガニックに変えた試みから起こる小さなキセキのドキュメンタリー。
amazonでDVD購入

『パパ、遺伝子組み換えってなあに?』…どんな食べ物を食べて大人になろう
71L80Ehmp3L._SL300_-1.jpg
監督:ジェレミー・セイファート
出演:セイファート監督のファミリー/2013/84分
子育てパパが、3人のこどもたちの食の安全を守るため、家族と一緒に遺伝子組み換え食品(GMO)を探るドキュメンタリー。遺伝子組み換え市場シェア最大のモンサント本社やノルウェーの種子銀行などをまわるOh! My Godなロードムービー。
amazonでDVD購入

『モンサントの不自然な食べ物』・・・未来を生きるために知っておきたい多国籍企業のこと
d099d886ed65ef765625779e628d2c5f.jpg
監督:マリー=モニク・ロバン
2008年/フランス、カナダ、ドイツ/108分
遺伝子組み換え市場シェア最大のモンサントを取材したドキュメンタリー。クリーンなイメージの巨大企業に常に消えない黒い噂をフランス人ジャーナリストが追っていく。
amazonでDVD購入